NEXT WORLDの第二回は、寿命はどこまで伸びるのか
NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来「第2回」
2015年1月4日(日)放送

これはアラ120としては見逃せません。
しっかり録画しました。

重要な情報ですので、見ながらメモします。

(事実の部分を記載公開します。これは著作権法に違反しません。事実は、思想または感情を創作的に表現した著作物にあたらないからです。事実は、人類の財産として共有されるべきものです。)

サーチュイン遺伝子

人のゲノム(遺伝子情報の全体)の解析が進み、寿命に関係する遺伝子がわかってきた。
それが、サーチュイン遺伝子。
サーチュイン遺伝子は、通常では機能していない。
サーチュイン遺伝子が機能すると、ミトコンドリア(細胞のエネルギー源)が活性化する。

ワシントン大学 今井眞一郎教授は、サーチュイン遺伝子を機能させる方法を研究
8年前に、7種類あるサーチュイン遺伝子すべてを活性化させる物質「NMN」を見つけた。
NMNは、細胞内にもともとある物質。 加齢とともに減ってゆく。

NMNを増やすには。 補充するには。
今年臨床試験が始まる予定。

nmn製造

NMNの培養タンク(テレビ放送画面より引用)

nmn

NMNの塊(テレビ放送画面より引用)
安定供給の体制ができている。(食品製造会社)
研究用試薬 0.1g 40000円

若返り
ハーバード大学医学部 デイビット シンクレア教授
NMNによる、若返り効果を発見(マウス実験)

生後25か月(人間では60歳相当)に一週間継続して飲ませた。
その結果生後6か月(人間では20歳相当)に若返った。
細胞活性化レベル(ATP)による検証

脳の視床下部には、もともと老化を抑える指令を出しているが、加齢によって低下する。
NMNは、視床下部を刺激し、再び指令を出す。
————————–
NMN:NMNヌクレオシダーゼ (ウィキペディア) 全く意味不明です。

私見: 脳の視床下部には、もともと老化を抑える指令を出している。 という事実は、若いものと交流すると老けないという事実に合致する。 気分の持ちようによって、実際に老化に影響する可能性があるのだと納得した。

運動も大事ですが、気持ちのありようが重要ですね。
通販サイト:背筋が伸びて見た目が若返る「ぐいっと美姿勢インナー」


image
アラ120 (人は120歳まで健康に生きることができるはず。)


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

CAPTCHA