会社やめると、時間が自由になる。 
時間に縛られることが少なくなると、本当に気も体も楽だ。
 毎日が長い休暇のようなものだから、当然健康状態はすべてが向上する。
 と、考えていたけれどそうでもなかった。
 

予想外の変化を三つあげてみる


(1)耳鳴りがするようになった。
(2)視界にゴミが入るようになった。
(3)膝痛が直った。

これらは三つとも予想していなかった。

 

(1)なぜ耳鳴りがするようになったのか。耳栓の使いすぎだろう。

image

 朝から相当高いレベルで「キーン」と鳴りっぱなし。聴力検査で出される8000HZ位の音。
 原因を想像する。→耳詮の使いすぎ。
 会社にたるころは、騒音が気になって、それで難聴になるのではと心配していた。だからしょっちゅう耳詮をしていた。 いろいろな種類の耳詮を試してみたので、耳詮コンサルタントができるかも。 
 耳詮は普段でも気持ちを集中したいときに便利なので、頻繁に使用。パソコンするときの耳詮、水泳の際に使う耳詮、寝るときに使う耳詮、電車の中では。等々。
 今は耳詮をなるべく使わないようにしている。 耳鳴りも気にならなくなった。
 なぜ耳詮が原因と想像する理由。
 耳詮は、主に高域の音を遮断する。常に耳詮をしているので、脳が高域の感度が落ちたと判断する。その結果、高域の感度を上げ聞こえていない高音を聞こえるはずと錯覚。 しているのではないか。
 騒音のあるところから、急に静かなところにゆくと正常時でもキーンとかシーンとか聞こえるような気がする。 あのメカニズム(発生機序)に似ている。
 ワーっと大きな声を耳元で叫ばれたときにもキーンと来る感じ。
 それが続いていると考えると解りやすい。
 だから、耳詮やめれば、脳の音ボリューム調整が戻るような気がする。
 もとより年のせいで高音は聞こえなくなっている。 気にしないようにしよう。

 

 (2)視界に入るゴミは、老化現象か。

image

 これは、いわゆる飛蚊症でしょう。
 友人が、目にゴミが舞うようになって、なんとかしようと眼科へ行った。
 そこで医者に言われたのは、「薬はありません。 老化現象です。」
 つまり病気とは言えない。

 自分の場合、右が酷く、本を読もうと目を下げると、ちょうど視野の真ん中に黒い雲のように現れる。頭を振ると、すーっと一時的に消える。そして、また戻ってくる。
 じつにうっとおしい。
 90才になる長老に聞いたところ、そのうち直るという。
 確かに、徐々に消えてきてはいる。 これも気にしないようにしよう。

 

(3)膝痛が消えたのは、休養によるのか。

image

 これはうれしい。 
 なぜだろう。 走ると、膝にピキッと痛みが入るので、移動は歩くだけ。
 自転車でも膝に力を入れると怖いという状態だった。
 ところがいつのまにか、膝の痛みが消えた。
 走ってもだいじょうぶ。
わかりやすい変化が屈伸。
 屈伸をして、膝を戻すとき、かならず「パキッ」と音がしていた。
 それが、今では全く音がしない。
 ジョギングを復活させた。
 走りは、いろいろな筋肉を作るという効用だけでなく、骨に対する刺激は骨形成にも良いという。
 無理しないようにしよう。


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

CAPTCHA