世の中ではカレーが人気です。
子供の一番人気は、昔も今もカレーでしょう。

世界的にも、日本のカレーは独特のおいしさをもっているような評価がされていると思います。
中国の人にも人気があるようです。
横浜中華街の中華料理店の多くには、メニューにはなくてもカレーを頼めば出してくれるそうです。

中華のカレー味は食べたことないですが、日本ならあっても不思議ではないですね。
ドライカレーなどはカレー炒飯(チャーハン)と言ってもおかしくないでしょう。 中華カレーみたいなものかもしれません。 カレーを中国語に翻訳させたら「咖喱」と出ました。 単なる発音の当て字のようです。 つまり、中国にはもともとカレーが無いということでしょう。  

日本では本当にカレー製品が多いと思います。 カレーパン、カレー肉まん、カレーうどん、カレースパゲティ、カレーラーメン、カレーそば 、等々いくらでも出てきそうです。 カレーのレトルトも製品百科繚乱(ひゃかりょうらん:たくさんの花のよう)です。

大食い美人のギャル曽根さんが、全国のレトルトカレーをすべて食べて、「これがおいしいと」言ったカレーはすぐに売り切れになりました。 ネット通販で購入しようとしても、売り切れでした。

自分もカレーは好きでした。 いままで一番おいしかったカレーを思い出すと、 若いとき食べたカツカレー。
あと、山中湖畔のレストランで食べたビーフカレー。
どっちも肉が多く、カレーはソースのような感じになっていたかもしれません。

そんなおいしいカレーですが、今、全くと言ってよいほど食べません。 これからも食べないつもりです。
本場のインドカレーは食べても良いと思いますが、どろっとした日本のカレーは食べません。

なぜなら、食後に胸焼けを起こすから。
もう間違いなく胸焼けになります。

食べているときは、普通においしい。 パンに付けて皿までさらいたいと思います。
でも、たとえば昼にカレーを食べれば夕方まで、ずーーと胸焼けです。
もう、作業能率下げまくりです。

会社にいたころに、今日の社員食堂はカレーの日だとうれしそうに言っている人がいました。

その人が数時間後に、「なんか胸焼けする」と言っていたのを聞いて、 あー胸焼けするのは自分だけじゃないんだと思いました。

カレーに入っている何かが、胸焼けを誘発するのだと思います。 自分としては、悪い油だろうと思っています。
食べておいしくても、後で必ず胸焼けを起こす食べ物を二度とたべないのは、他の食事でも満足できるから。
そして胸焼けは苦しいから。

「胸焼けしない」を表に出したカレーを出せば売れるのではないでしょうか。
買うのは自分くらいかもしれませんが。 

調べたら、植物油だけを使ったカレーは胸焼けを起こさないようです。 でも、味が。
おいしいカレーを食べないことは、人生の楽しみを奪われるようですが、
おいしさと苦痛 どっちを取るかと考えた結果です。

トクホ食品

銀座ハヤシ 200g×6個

銀座ハヤシ 200g×6個

ハヤシルーなら胸焼けしませんね。

2014-05-03 カレー胸焼けの理由を書いているブログ記事をみつけました。
やっぱり油脂が原因なんですね。

家庭のカレーは何でもないのにレトルトカレーを食べるとゲップが出るのか?/食品のカラクリ26

食べないようにしていてよかったと思います。 ただし、インド料理屋さんのカレーは大丈夫(胸焼けしません。)
でも○○○などのチェーン店はだめだった経験があります。 もう15年以上行ってませんから今はわかりません。

お子様カレーなどの植物油脂のカレーも食べてみました。
胸焼けはしませんが、味に満足感が・・・


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

CAPTCHA